はりきゅう適応表

はりきゅう治療で効果がある症状・疾患

感動の声(はりきゅう)

1.

私は手術で胃をなくして以来、食事がほとんどとれず、食後20分くらいお腹をさすらないといられないほどでした。治療していただいた後は 血液の流れがいいのでしょうか、体がかゆく、温かくなります。あれから一年、いまでは食事もおいしく、少しならおやつまで頂ける様になりました。体重も4kg増えました。
(M.Oさん 84才女性)

※腰痛もなくなり、現在どこの病院にもかかられていないとのことです。 当院への治療も最近さぼりがち(笑)になっています。
2. 若い女性です。急性の胃炎で倒れこむようにやってまいりました。痛みで体が伸びないようです。すぐに仰向けに寝ていただき20分程、急性胃痛のはりをした所、笑顔で背筋を伸ばして帰宅できるまでに改善しました。
(20代 Sさん 女性)
3. 手術後、歩行困難となった女性です。(手術はベストのタイミングで行われ失敗ではないと思います)大手術というのと 、もともと虚弱体質というのもあったのでしょうか、腎を強くする治療により、体質が改善。1ヶ月後頃から好転、3ヵ月後には 完全に歩けるようになりました。もちろん本人のリハビリへのがんばりも欠かせない要素でした。 
(70代 Y.Fさん 女性)
4. 坐骨神経痛が数回の治療で治癒
(20代 Mさん 女性)
5. ひざの痛みと曲がりが悪いということで、いくつかの整体、接骨院に通いつめていらっしゃいましたが、なかなか改善が見られず 当院で、はじめてはり治療をお受けになる決意をされた方です。3回の治療で改善されはりが痛くないことに驚いていらっしゃいました。
(60代 R.Mさん 女性)
6. 寝ちがいが1回の治療で完全に治った!
(30代 男性 Kさん)
7. 末期の乳ガンで骨転移のあった方です。はりとお灸を行いました。治療期間はとてもきもち良く、痛みを感じないとのことでした。 鎮痛剤もほとんど服用せずに済んでいるとの事です。お孫さんの話などをしながら私は今が一番幸せよと語ってらっしゃったのが、この仕事を 選んでよかったと思えた瞬間でした。
(80代 Sさん 女性)
8. 背中のかゆみがひどく、皮膚科でもらった薬をぬるも、全く改善しないと訴える方がいらっしゃいました。いつもは別の治療を行っているのですが、 皮膚病に効くお灸をしようという事になり、一度治療しました。その一度の治療で治ってしまったらしく、すっかりお灸のファンになったということです。
(80代 Y.Oさん 女性)
9. 変形性の関節症があり、ひざが90度曲がらなかった方です。足のしびれも訴えていました。とてもまじめに通ってこられました。現在、こぶし1個でおしりにつくくらい ひざが曲がるようになり、しびれもなく、日常生活に全く問題がなくなったそうで、卒業という形になりました。
(60代 男性 Aさん)
10. 前記の方の奥様です。ぎっくり腰で来院されました。はり治療後、ほとんど痛みがなくなってしまったとの事でしたが、 数日後に旅行をひかえているとの事で数回治療を行い、無事旅行を楽しまれてまいりました。

※ぎっくり腰など急性の筋肉痛にはり治療は即効的に効果を発揮します。
  個人差や症状の重さにより、治癒期間は違いますが、
  一回の治療で治癒可能の場合も有ります。

感動の声(整体)

主婦の方です。
股関節(こかんせつ)が痛く、立って仕事をするのが苦痛で何回も座って休まないといられない状態でしたということですが、全身から股関節にかけて整体をいたしました。

次に来院された時、ほとんど症状がとれてしまっているとの事。数回で治療を打ち切り、現在は疲れをとりにリフレッシュにいらしています。

もともと気管支のお灸をしている方ですが、、ひざが痛く整形外科にて通電治療をおこなっているが、全く改善が見られないと僕に伝えてきました。
帰りの様子を見るといつもひざが痛そうだと見ていましたが、お灸のほかに時間としては一瞬ですが、ひざの整体もすることにした所、5回目くらいから

普通に歩くのに全く問題がなくなったようです。治療費もらえばよかったと冗談いいながら2人で談笑しました。
(70代 M.Mさん 女性)

慢性の腰痛持ちの方です。整体と骨盤の矯正術により、腰が軽くなり、帰りの歩行もとても足が軽く出るとの事です。
(複数回答)
  ※整体は特に筋肉のこりをとりのぞき、血液の循環を良くします。
  疲労回復、頭痛などにおすすめします。
  温熱療法を行いながらの整体で冷え性などにも対応できます。

感動の声(特殊電子治療)

生まれつき食が細かった方です。電子治療に40回ほど乗りましたが、生まれてから70年、今が一番食事がたくさん食べられるようになったとおっしゃってました。
(70代 Mさん 女性)

感動の声(血液画像分析)

普段からとても健康な方ですが、予想以上に血液がくっついて、中性脂肪も多く見られることにショックを受けていました。

お料理に使う砂糖大さじ一杯減らした所、2ヵ月後、血液はきれいに離れ、みごとに中性脂肪も減っておりました。 
(70代 N.Fさん 女性)
空腹時、満腹時、スナック菓子を一袋食べた後いろいろ見てみました。スナック菓子一袋が一番血液をドロドロにしているようです。 一時間後には改善します。空腹時にドロドロの方はやはり気をつけなければなりません。
(院長)

※血液どろどろ、と言っても、文字通り見て分かる、さわって分かる程の極端な
  状態ではなく、生体の微妙なレベルでのお話です。
  またこのデータを改ざんして、物品販売をする業者もいらっしゃるようです。
  気をつけなくてはいけません。
神経科系疾患 ・パーキンソン病・三叉神経痛・坐骨神経痛
・脳卒中後のリハビリ ・脳卒中の予防・慢性頭痛
・顔面神経痛・帯状疱疹後神経痛 ・顔面痙攣・半身不随
・言語障害・アルツハイマー・肋間神経痛 ・神経衰弱
運動器系疾患 ・腰痛症・椎間板ヘルニア・五十肩・肩こり・膝痛
・頚肩腕症候群 ・スポーツ障害・腱鞘炎・ムチウチ症
・寝ちがい・脊椎間狭窄症 ・すべり症・テニス肘・野球肘
・アキレス腱炎
婦人科系疾患 ・不妊症・更年期障害・冷え性・逆子・子宮内膜炎・子宮筋腫
・生理痛・子宮内膜症・生理不順・月経困難・月経過多
消化系疾患 ・急性胃痛・慢性胃炎・下痢・便秘・胃、十二指腸潰瘍
・食欲不振 ・大腸炎・口内炎・胃痙攣・消化不良・胆石・肝障害
耳鼻科系疾患 ・耳鳴りと難聴・メニエール病・突発性難聴・アレルギー性鼻炎
・蓄膿症
循環器疾患 ・高血圧・低血圧・血流の改善・心臓治療の補助
泌尿器系疾患 ・インポテンツ・前立腺肥大・膀胱炎・腎炎・頻尿多尿・尿道炎
・早漏
眼科系疾患 ・軽症老人性白内障・眼精疲労・緑内障・ドライアイ・ものもらい
・視神経炎・眼瞼下垂・仮性近視
小児科疾患 ・発育不良・ひきつけ・発達遅延・夜尿症・小児麻痺・小児喘息
・虚弱体質
皮膚科疾患 ・帯状疱疹・円形脱毛症・アトピー性皮膚炎
内分泌科疾患 ・ダイエットと耳鍼・糖尿病・リウマチ・不眠症・膠原病
・ノイローゼ・めまい・ニキビ・バセドー病
呼吸器疾患 ・気管支喘息・風邪・咳止め
その他 ・自律神経失調症・うつ病・がんの化学療法に伴う吐き気
・がん患者における(QOL)生活の質向上・慢性疲労
・円形脱毛症・痔・慢性病・難病・その他